ニュース

ソーシャル ディスタンス期間中の EX:リモート ワーカーが迅速に働けるようにする方法

Aaron Lester

March 27, 2020

短い間に、すべての従業員がリモートで仕事をするようになっています。確かに、在宅勤務がトレンドになってからしばらく経ちました。しかし、企業全体ではどうでしょうか?たった 2 週間前にはほとんど想像もできなかったことが、今では新しい常識となり、全員が順応する方法を見つける必要があります。

COVID-19(コロナウイルス)による危機を受け、IT チームにはリモート ワーカーが新しい勤務環境で迅速に勤務できるように支援し、ビジネスの中断を最小限に抑えるためにリモート ワーカーをサポートし続けることが求められています。

この点で、物理的な IT 機器が大きな役割を果たします。

IT チームはもはやオフィスにあるハードウェアやシステムに頼ることができません。現在では、非常に多くのワイヤレス ルーター、プリンタ、さまざまな設定があるコンピュータ、そして当然モバイル デバイスをサポートする必要が生じています。

IT チームはどうすればサポート対象を迅速に把握して、効率的なソリューションを提供できるでしょうか?

自分の目でサポート対象を見ることによってです。

必ずしも IT 用語を使えるわけではないリモート ワーカーにとって、状況を説明することがストレスとなることがあり、同様に IT 担当者にとっても説明通りに問題を理解してソリューションを説明することがストレスとなり得ます。そのため、リモート ワーカーが状況を説明しようとするのではなく、ダウンロード不要のリモート カメラ共有ソリューションを使用することで、IT チームはリモート ワーカーが見ているものをすぐに見ることができます。

  • リモート ワーカーが自分で設定できるよう、ステップごとに案内できます
  • ビデオを停止し、説明がわかりやすくなるように注釈を書くことができます
  • インターネットの信号強度を高めるため、ルーターとメッシュ ネットワークの設定方法を示すことができます
  • 自分でトラブルシューティングを行うよりも速くプリンタに関する問題のトラブルシューティングを行うことができます

これらはほんの数例です。

今やリモート ワークはすべての人にとって一般的になっています。

多くのリモート ワーカーが必ずしも IT ハードウェアを使いこなせるわけではないというのが現実です。以前は、在宅勤務の従業員が次回オフィスに行く際に、サポートを受けるため、オフィスにデバイスを持ち込むことができました。しかし現在では、それが行われなくなりました。自宅のインターネット サービスが不安定でも 1 ~ 2 日であれば対応できますが、フルタイムのリモート ワークの場合、すぐに持続不可能になります。リモート ワーカーが生産性が低下しかねない問題や期限に間に合わなくなる可能性がある問題に直面すると、すぐパニックになることがあります。

そのような時、IT が従業員を支えてきました。現在の新しい挑戦に直面しても、従業員はこれまでと同じレベルのサポートをこれからも期待することができますか?従業員をサポートし、それをリモートで行うことができれば、従業員の信頼とロイヤルティを獲得することができるでしょう。

現在直面している危機をどのように乗り越えるかが、長期にわたってビジネスの健全性に影響を及ぼすことになるため、現実を直視することが重要です。企業は非常に優秀な人材を確保し続けて顧客体験(CX)が向上するように、従業員体験(EX)をベストなものにしたいと考えるようになるでしょう。

Rescue Live Lens は専用カメラ共有ソリューションで、まさにこの問題を解決できます。このソリューションを使用することで、すべての IT 担当者はダウンロード不要でエンド ユーザーのモバイル デバイス カメラを通じて実際のデバイスや状況を見ることができます。これにより、IT の専門知識が必要な時にはいつでも、現場にいるかのようにすぐ対応できます。

ソーシャル ディスタンス期間中に IT のフル サポートをリモート ワーカーに提供し続ける体制が整っていますか?今こそこの非常に優れた機能で IT チームを強化してください

Recommended Posts

ぜひご自分の目で今すぐお確かめください

迅速、安全で企業レベルのリモート サポートをいつ、どこにいても受けられます。今すぐご体験ください。

デモを確認