ビデオ サポートでユーザーをつかむ

毎年、数百万台のコネクテッド製品が発売されていますが、ユーザーはそれらの製品の設定を自力でできていないように思われます。こうしたユーザーのサポートを課せられるサポート チームにとって、それがどのような意味を持つかわかりますか。複雑な製品の導入を検討する企業が増加し、製品の採用から研修までをサポートすることが、かつてないほど重要となっています。準備や連携、メンテナンス、トラブルシューティングに十分な関心が持たれていない状況で、ユーザーが問題を自力で解決できないと、どうなるでしょうか。テクノロジがユーザーにとって身近なものになるように、テクノロジはできるだけシンプルにする必要があります。テクノロジに悩むほどの価値はありません。

このオンデマンド ウェビナーでは、次の説明を行います。

  • わずか 1 つの設定ミスで顧客が離れていく理由
  • 製品の難易度を上げることと、それが欠陥のない返品に与える影響
  • ユーザーのロイヤルティを獲得するうえで、ユーザー サポートがきわめて重要となる理由
  • ビデオ サポート ツールによって問題の 46% が初回連絡時に解決されている理由