連携

サポート センターに連絡してくるユーザーや従業員は、サポートを望んでいます。同じ話を何度も聞かされることは望んでいません。サポート担当者がサポート ソリューションを操作している間ずっと待たされることも望んでいません。LogMeIn Rescue を優れたチケット処理および CRM ソリューションと連携させると、ユーザーや従業員が必要としているサポートを、迅速に、シンプルに、綺麗に提供できます。 

すぐに使える Rescue の連携機能を利用すると、業界最高水準のリモート サポートの特長をすべて生かして、いっそう迅速に問題解決を行い、顧客満足度を高めることができます。さらに、他にも以下のようなメリットがあります。 

– より効果的なサポート : 平均処理時間が短縮、初回通話解決が向上

– より効率的なサポート : 技術者の生産性が向上 (スタッフを増員することなく、より優れたサポートを提供)

– サポート センター アプリケーションの種類に関係なく、より短期間で投資を回収

当社ではこれを Rescue との連携効果と呼んでいます。この連携により、サポート センターでは顧客満足度を高めながら、コストを削減できます。

Rescue との連携 :サポート センターを効率化する

詳細はアプリケーションによって異なりますが、以下のように、Rescue との連携で利用できる効率化機能がいくつかあります。 

– サポートの効率化 :CRM またはチケット処理ツール内からリモート サポート セッションを開始できるので、より迅速で効率的なサービスを提供し、サービス デスクを効率化して、顧客満足度を高めることができます。

– セッション詳細の共有 :セッションの完了後、データは CRM またはチケット処理ツールに同期されるので、単一のソリューション内でユーザーとのやり取りを追跡できます。

– 複数のアプリケーションに対する単一のログインの使用 :Rescue 内でシングル サイン オンを有効にすると、ログイン プロセスが簡単かつ安全になります。IT およびサポート スタッフは、チケット処理または CRM アプリケーション内で毎回 Rescue の資格情報を入力しなくても Rescue セッションまたは Rescue 技術者コンソールを起動できるため、時間と労力の節約になります。


Rescue の連携 API :

チケット処理または CRM ソリューションが未登録ですか?心配ありません。容易に実装可能な API により、Rescue と補完アプリケーションを簡単に連携させることができます。Rescue の連携 API を利用すると、以下のことが行えます。

– コール センター アプリケーションとの連携 :Rescue のセッション暗証番号の作成および送信、アプリケーションから Rescue への通話関連データの送信を実行できます。Rescue のセッション データをコール センター アプリケーションに返送し、一元的に保管することもできます。

– 他のアプリケーションからのログイン :サポート技術者は安全に Rescue にログインでき、複数のアプリケーションを実行する手間を省けます。

– 整理された情報 :Rescue のレポート API を使用して、セッション データ、アンケートの結果、およびパフォーマンス統計情報についてのダッシュボードを作成できます。


連携 API

管理タスクの実行

新規技術者の追加、技術者の削除、技術者グループの作成、技術者グループおよびチャネルへのユーザーの割り当てを実行できます。これらはすべて Rescue API フレームワーク内で実行できます。

詳細はこちら

他のアプリケーションからのログイン

Rescue の連携 API を利用すると、サポート技術者は安全に Rescue にログインでき、複数のアプリケーションを実行する手間を省けます。

詳細はこちら

Rescue とコール センター アプリケーションの連携

Rescue のセッション暗証番号の作成および送信、アプリケーションから Rescue への通話関連データの送信を実行できます。Rescue のセッション データをコール センター アプリケーションに返送し、一元的に保管することもできます。

詳細はこちら

整理された情報

Rescue のレポート API を使用して、セッション データ、アンケートの結果、およびパフォーマンス統計情報についてのダッシュボードを作成できます。

詳細はこちら