TeamViewer とLogMeIn Rescue の比較

本当に簡単です!
*クレジットカードは不要です。

リモート サポート ソフトウェアの LogMeIn Rescue と TeamViewer を 1 対 1 で比較した結果、技術的能力、使いやすさ、信頼性、セキュリティ、レポートの点において Rescue は TeamViewer をしのぐ性能を有しており、Rescue は優れた選択であることがわかりました。

「TeamViewer は、ダウンタイムと信頼性の懸念があることで知られています。」

1. Rescue は、幅広い機能セットと使いやすさを兼ね備えています。

機能と使いやすさを備えたサポート ツールが必要なら、LogMeIn Rescue は最適です。独立系ソフトウェア テスト会社、QualiTest の言葉を借りれば、Rescue は「技術者の中の技術者」のためのサポート ツールです。

「TeamViewer と比較して、Rescue はより多くの優れた接続方法、効率的なリソース使用、簡単なデータ検索、優れたレポートやスクリプト機能を提供します。TeamViewer は多くのツールやオプションがタブの裏に非表示になっていて、スクリプト機能がありません。」

2. Rescue は、顧客の手間を軽減します。

Rescue はたった 3 つの手順でサポート セッションを開始できますが、TeamViewer は 6 つの手順が必要です。Rescue は、セッション時間や顧客の不満を増大させる可能性のあるユーザーの混乱やヒューマンエラーを回避します。技術的にあまり詳しくないユーザーにとって特にこれは重要です。

3. 優れた信頼性で、必要なときにいつでも Rescue を利用できます。

使えないサポート ツールは何の役に立つでしょうか? TeamViewer は障害や遅延の問題から予定されたダウンタイムに至るまで、2017 年に起こった 28 件のインシデントを発表しました。これは月に 2 件以上の頻度です。* 同じ期間に、LogMeIn Rescue は一貫して 99.99%を超えるアップタイムを達成しました。サポート コール中に Rescue へのアクセスが失われる心配がないので、スタッフは自信を持ってサポートできます。

4. TeamViewer は、Rescue にはないセキュリティ上のリスクがあります。

TeamViewer のサポート セッションが終了すると、担当者と顧客の両方が知的財産や顧客情報に不正にアクセスされる危険が高まります。Rescue にはこうした脆弱性はありません。

「顧客が TeamViewer のバックグラウンド ウインドウを閉じるまで...技術者(または技術者の立場にある人)は...顧客の許可なしで再接続できます。」 「[TeamViewer] セッションの終了時に…顧客(または顧客の立場にある人)は技術者のコンピュータを攻撃する可能性があります。」

 

5. Rescue の軽量アプレットは、効果的なサポートを妨げません。

Rescue カスタマー アプレットは、TeamViewer よりはるかに少ないメモリと CPU リソースを消費するので、使用年数やコンピュータ リソースに関わらず、レガシー コンピュータを自信を持ってサポートできます。

LogMeIn Rescue は、TeamViewer に代わる最適な製品としてサポート組織によりご満足いただけます。

LogMeIn Rescue は、幅広いテストにおいて TeamViewer を圧倒しています。個人経営の店や、企業のヘルプデスク、カスタマ サポート チームが Rescue に切り替えるのはそのためです。サポートに本気で取り組む人の賢い選択です。

*2017 年 1 月から12 月までの TeamViewer のアップタイム記録 https://status.teamviewer.com/uptime 特記しない限り、すべての引用やデータは、2017 年 10 月 25 日付 QualiTest のソフトウェア テスト レポート「Rescue と TeamViewer、Bomgar、GoToAssist、ConnectWise の比較」から抜粋